slideshow_img_fb9d20.jpg img20181002235147579822.jpg

fuapua_01.jpg img20181130191345304501.jpg

商品紹介

fuapua スキンローション
120mL

4,320円

 とろみのあるテクスチャーで角質層をしっかりと保湿。お肌の内側はうるおうのに表面はべたつかず、サラッとした使い心地です。

【全成分】水、グリセリン、ローズ水、1、2-ヘキサンジオール、トレハロース、加水分解卵殻膜、アルゲエキス、ヒアルロン酸Na、キサンタンガム、BG

fuapua スキンエッセンス
50mL

4,860円

 ローションをより濃厚にしたエッセンスです。気になるところに重ね付けすることで、さらにやわらかなお肌へ。
   
【全成分】水、グリセリン、ローズ水、1、2-ヘキサンジオール、トレハロース、加水分解卵殻膜、アルゲエキス、ヒアルロン酸Na、キサンタンガム、BG

fuapua スキンクリーム
27mL

5,940円

少し固めのクリームです。お肌の水分を閉じ込め、乾燥を防ぎます。
 
    
【全成分】ホホバ油、ミツロウ、シア脂、水添ナタネ油アルコール、オリーブ油、スクワラン、ヒマワリ油、トウキンセンカ花油、加水分解卵殻膜、アルゲエキス、トコフェロール、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、BG、香料

 
 
卵殻膜(加水分解卵殻膜エキスの原料)とは?

 
 

卵殻膜とは、卵の殻の内側にある僅か0.07㎜の薄い膜のこと。

 
 普段から何気なく目にすることも多い卵のこの薄い膜ですが、主な成分は たんぱく質であり、18種類のアミノ酸、コラーゲンやヒアルロン酸などで構成されている注目の成分です。

古くから民間療法として、そのパワーを知られていた卵殻膜

 
 鶏のヒナが卵の中で成長するための栄養源であり、外部からの細菌や微生物から保護する役目があります。 日本では江戸時代より、怪我をした際に傷口に卵殻膜を張っておくことで、 治癒を早めキレイに傷を治すという民間療法も存在します。
そのため、近年では卵殻膜による皮膚の修復作用に着目した研究が進んでおり、今後の医療においても期待されています。

繊維が細かく保湿性に優れた【Ⅲ型コラーゲン】

 
 卵殻膜には、元々コラーゲンやヒアルロン酸が含まれるだけではなく、 それらを生成する「線維芽細胞」と呼ばれる細胞を活性化させる働きがあります。 線維芽細胞は主にⅢ型コラーゲンの生成に関係していると言われていて、 赤ちゃんの肌に多く含まれ、様々な種類のあるコラーゲンの中でもとりわけ繊維が細かく、 骨や腱などに多く含まれる繊維が太いコラーゲンに比べ保湿性に優れています。

卵殻膜に含まれる成分のひとつ【美肌成分 シスチン】

 
 シスチンは、体内で「L-システイン」という物質に変化します。 L-システインは、非必須アミノ酸の一つで、皮膚、髪、爪などに含まれるタンパク質ケラチンの構成成分です。 肌のターンオーバーを促し、色素沈着(シミ・そばかす)を予防、透き通るような肌へ導いてくれます。


その他の注目成分

PDS ヒアルロン酸

 
 ヒアルロン酸は通常水溶性のため皮脂膜に覆われた皮膚に浸透しにくいと言われていますが、 fuapua化粧品に配合されているヒアルロン酸は、ナノコート(油)でコーティングした特殊なヒアルロン酸のため、 皮脂膜と細胞間脂質との親和性を高め、角質の奥深くまで浸透します。

ホホバ油、シア脂、オリーブ油、スクワラン、ヒマワリ油、トウキンセンカ花油

 
 スキンローション、スキンエッセンスで充分に保湿したお肌にうるおいを閉じ込め、角質の水分が蒸発することを防ぎます。 また、バリア機能の衰えたお肌を保護し、しっとりやわらかなお肌へ導きます。